#18 宇宙旅行は「夢と希望」なのか

先日Amazon創業者のジェフ・ベゾス氏らが宇宙へ10分間(!)の宇宙旅行をしたことがニュースになりましたね。 「宇宙」と聞くとワクワクする方も多いかもしれませんが、環境破壊という観点から宇宙旅行や宇宙研究をとらえるとどうなのでしょう?メリット・デメリットを考えてみました。 億万長者の白人男性たちの張り合いから、「そんなことまで?」と驚くNASAやJAXAの気候変動研究まで。To infinity and beyond! 【感想や質問、トピックのリクエストはInstagramやウェブから】 Web: compostcapitalism.wixsite.com/podcast/dig-deeper (エピソードで紹介した書籍や事例を掲載) Instagram: instagram.com/compostpodcast/ (エピソードで言い残したことや、リホとハヅキが気になるニュースを紹介)

Om Podcasten

サステナビリティや食の分野で働くリホとハヅキが月2回配信しているポッドキャストです。気候変動・環境問題や食のほか、ジェンダー、セクシュアリティ、メンタルヘルス、アート、デザイン、恋愛などさまざまなテーマを取り上げます。 マツマル リホ:98年生まれ。大阪、ロンドン、東京での都市生活や社会学的思想との出会いから、食やコミュニティといった「日常」と社会・環境問題のつながりに興味を持つ。現在はコミュニケーションデザイナーとして、サステナビリティに関する執筆・編集や「エシカル就活」、UNIVERSITY of CREATIVITYに携わる。firsthand(ethnodiving)発起人。 ヤスナガ ハヅキ:97年生まれ。幼少期をロンドンで過ごし、中学生の時に帰国。美術大学でデザインを学ぶ。メディアとしての食への興味から、体験型の食べるワークショップや、食をツールにした場づくりなどをデザインしてきた。Future Food Japanでのコミュニティマネジメントを経て、現在はデザインリサーチの分野で求職中。その傍らで、ワインショップのイラストレーションやHUMARIZINEの編集・執筆を手掛けている。 🎈IG: @compostpodcast