#20 メンタルヘルス:健常と病のあいだを生きる

(精神疾患や精神科に関する話題が含まれています。聴取の際にはご注意ください。)   過去のエピソードで触れたeco-anxiety(環境問題に対する不安症)、精神状態を理由に試合や記者会見をキャンセルするスポーツ選手など、最近耳にすることが多くなってきている「メンタルヘルス」。コロナ禍で身近に感じるようになった人も多いかもしれませんが、日本において精神疾患に関する話題は長らくタブー視されてきたように思います。 でも、人は生きていれば大なり小なり「病む」のではないか? 今回はそんな視点から、精神疾患や心理療法の事例や私たちの実体験を交えながら「健常と病のあいだ」を生きることを考えます。 【感想や質問、トピックのリクエストはInstagramやウェブから】 Web: compostcapitalism.wixsite.com/podcast/dig-deeper(エピソードで紹介した書籍や事例を掲載) Instagram: instagram.com/compostpodcast/(エピソードで言い残したことや、リホとハヅキが気になるニュースを紹介)

Om Podcasten

サステナビリティや食の分野で働くリホとハヅキが月2回配信しているポッドキャストです。気候変動・環境問題や食のほか、ジェンダー、セクシュアリティ、メンタルヘルス、アート、デザイン、恋愛などさまざまなテーマを取り上げます。 マツマル リホ:98年生まれ。大阪、ロンドン、東京での都市生活や社会学的思想との出会いから、食やコミュニティといった「日常」と社会・環境問題のつながりに興味を持つ。現在はコミュニケーションデザイナーとして、サステナビリティに関する執筆・編集や「エシカル就活」、UNIVERSITY of CREATIVITYに携わる。firsthand(ethnodiving)発起人。 ヤスナガ ハヅキ:97年生まれ。幼少期をロンドンで過ごし、中学生の時に帰国。美術大学でデザインを学ぶ。メディアとしての食への興味から、体験型の食べるワークショップや、食をツールにした場づくりなどをデザインしてきた。Future Food Japanでのコミュニティマネジメントを経て、現在はデザインリサーチの分野で求職中。その傍らで、ワインショップのイラストレーションやHUMARIZINEの編集・執筆を手掛けている。 🎈IG: @compostpodcast