#21 菜食やってて思うこと全部

環境、倫理、健康的な観点から、菜食(ビーガン/ベジタリアン)を実践する人がじわじわ増えているように感じます。でも、外食で選択肢が少なかったり、料理に手間がかかったりと「実践しているけど上手くいかない」「興味はあるけどハードルが高い」なんて方もいるのでは? 今回はタイトルの通り、リホとハヅキが菜食を(部分的に)実践していて思うことを色んな角度からゆる〜くお話します。 ・私たちがビーガンに興味を持ったきっかけは? ・ビーガンメニューの選択肢がロンドンに多い理由は? ・動物性の味と植物性の味の違いって? ・ファーマーズマーケットの野菜は美味しい ・ベジ/ビーガンの食生活で楽なこと などなど。さらに後半では、牛乳の代替品として定番の豆乳を6種類飲み比べてみました。 菜食や肉食についてもっと聴きたい方は、過去のエピソード #5・6「肉を食べることの意味とオルタナティブ」もおすすめです◎ 【感想や質問、トピックのリクエストはInstagramやウェブから】 Web: compostcapitalism.wixsite.com/podcast/dig-deeper(エピソードで紹介した書籍や事例を掲載) Instagram: instagram.com/compostpodcast/(エピソードで言い残したことや、ポッドキャスト前に食べたごはんを紹介)

Om Podcasten

サステナビリティや食の分野で働くリホとハヅキが月2回配信しているポッドキャストです。気候変動・環境問題や食のほか、ジェンダー、セクシュアリティ、メンタルヘルス、アート、デザイン、恋愛などさまざまなテーマを取り上げます。 マツマル リホ:98年生まれ。大阪、ロンドン、東京での都市生活や社会学的思想との出会いから、食やコミュニティといった「日常」と社会・環境問題のつながりに興味を持つ。現在はコミュニケーションデザイナーとして、サステナビリティに関する執筆・編集や「エシカル就活」、UNIVERSITY of CREATIVITYに携わる。firsthand(ethnodiving)発起人。 ヤスナガ ハヅキ:97年生まれ。幼少期をロンドンで過ごし、中学生の時に帰国。美術大学でデザインを学ぶ。メディアとしての食への興味から、体験型の食べるワークショップや、食をツールにした場づくりなどをデザインしてきた。Future Food Japanでのコミュニティマネジメントを経て、現在はデザインリサーチの分野で求職中。その傍らで、ワインショップのイラストレーションやHUMARIZINEの編集・執筆を手掛けている。 🎈IG: @compostpodcast