#24 「マイノリティ」の性:アセクシュアリティと障害者の性

※本エピソードは、前回「#23 モノガミーは絶対? 不倫やポリアモリーから考える、愛と性」からの続きです 今回のトピックは「アセクシュアル/アセクシャル(asexual)」という性的指向と、障害者の性。 パートナーシップにおいて、恋愛と性愛は切り離せないものとして語られることがほとんどですが、他者に恋愛感情は抱くけど性的魅力を感じない人(または恋愛感情も抱かない人)もいます。 前半では、そんな「アセクシュアル」という性的指向を紐解きます。 エピソード後半のトピックは、存在するのにないがしろにされることの多い「障害者の性」。 身体障害者の性に関する尊厳と自立を守る取り組みを紹介しながら、あらゆる人にとって性的に生きやすい社会について考えます。 【感想や質問、トピックのリクエストはInstagramやウェブから】 Web: compostcapitalism.wixsite.com/podcast/dig-deeper (エピソードで紹介した書籍や事例を掲載) Instagram: instagram.com/compostpodcast/ (エピソードで言い残したことや、ポッドキャスト前に食べたごはんを紹介)

Om Podcasten

サステナビリティや食の分野で働くリホとハヅキが月2回配信しているポッドキャストです。気候変動・環境問題や食のほか、ジェンダー、セクシュアリティ、メンタルヘルス、アート、デザイン、恋愛などさまざまなテーマを取り上げます。 マツマル リホ:98年生まれ。大阪、ロンドン、東京での都市生活や社会学的思想との出会いから、食やコミュニティといった「日常」と社会・環境問題のつながりに興味を持つ。現在はコミュニケーションデザイナーとして、サステナビリティに関する執筆・編集や「エシカル就活」、UNIVERSITY of CREATIVITYに携わる。firsthand(ethnodiving)発起人。 ヤスナガ ハヅキ:97年生まれ。幼少期をロンドンで過ごし、中学生の時に帰国。美術大学でデザインを学ぶ。メディアとしての食への興味から、体験型の食べるワークショップや、食をツールにした場づくりなどをデザインしてきた。Future Food Japanでのコミュニティマネジメントを経て、現在はデザインリサーチの分野で求職中。その傍らで、ワインショップのイラストレーションやHUMARIZINEの編集・執筆を手掛けている。 🎈IG: @compostpodcast